株式会社アピリッツYahoo!ゲーム

ファーヴニルの宝珠

世界観

ファーヴニルの宝珠の世界観についての解説です。

世界の構造

この世界は大きく三つの異なる次元とそれをつなぐ世界樹によって構成されている。

ワールド

  • はじまりの島
  • オードランド
  • アイゼクセン
  • ミホルク
  • プリースト

邪竜ファーヴニルとは

邪竜ファーヴニル

人間の欲望が具象化し、その強欲さは全ての世界を
飲み込もうとしている。
神々の戦士であるワルキューレによって幾度となく封印されるが、欲望ある限り封印は解かれ、
砕けた肉体の破片であるソウルによって
生きとし生ける者の欲望を増幅させることで
復活を果たす。邪竜化したファーヴニルは世界樹を喰らい、全ての世界を食い尽くす力を持つ。

宝珠とは

世界を構成する物質から成る結晶であり、
邪竜ファーヴニルの本体でもある。
その秘めたる力は、所有した者の欲望と狂気の力を増幅させ、
破壊の限りを尽くす。
封印され砕け散った宝珠はソウルを発し人間世界へと降り注ぎ、人々を魔物化する。
だが、ワルキューレによって回収されたソウルは清められることで精霊を宿す力にもなる。
ワルキューレは邪竜ファーヴニル復活阻止のためにもソウルを回収し浄化する役目を担う。

宝珠

ワルキューレ

ワルキューレ

神によって選ばれた魂より作られた神の戦士たち。
与えられた役割によって強力な能力を持ち、
唯一魔物に対して対抗できる存在である。
神によって与えられた魂は消えることなく、
死しても転生によって蘇ることができる。
転生は生前の肉体の塵から再生されるが、
記憶の欠片が消失する場合もある。
また姿は女性のみであるが、これは完全な染色体であるXX染色体を女性だけが持つためである。